いこいYoga & こころに響くマタニティ・ヨーガ

burdsalldr.exblog.jp
ブログトップ

明日

今更だけど、「こんなポーズあったっけ?!」と冷や汗たらりの試験前日。


明日の卒業試験が終わってからの私と、今の私はもう別人になってるはず。


この一年間、YICから出される毎月のレポート、そして卒論によって、
自分の直視したくないほどの醜さに、
真正面から向き合ってきました。

毎月のレポートは、自分のもっとも醜悪な姿をさらすものであり、
書けば書くほど苦しくなりました。

その苦しさのおかげで少しは、自己客観視の大切さが身にしみたと思います。



東京23期の同期の皆さんも、今頃必死でテキストめくっているころかな?
よゆーでゴロゴロしてる人もいるのかな?


明日はみんながベストを尽くせます様に!!
OM シャンティ!
[PR]
# by burdsall | 2013-02-18 18:42 | Comments(0)

普遍

YOGAを習い始めたのは2008年9月。
今はもう、生活の中にヨガがないことが考えられない、というより、ヨガの中で生活しております。
師匠にも、環境にも恵まれ、安定した豊かなヨガ生活を送っています。

ブログ一番の記事はやはりヨガで...。
それも、ヨガの普遍性に関係したお話です。



先日、我が家の庭を作ってくださった庭師さんがおっしゃいました。

「多くの人が、虫を見ると、ほとんど反射的に殺すものだと思っているようです。
それはまるで、インプットでもされているかのようです...。」

このお言葉は、この3年間のヨガ修行の集大成のような啓示でした。
a0235158_2318288.jpg

ヨガを始めてからの、もっとも大きな気づきは、
「いかに自分を粗末に扱ってきたか」という、自分の中にある、自分への暴力性です。
目先の義務をこなすのに精一杯の毎日で、自分の心と体の声に耳を澄ませることなんて全くしてこなかったことを、ヨガは気づかせてくれました。

ヨガの八支則のひとつに、禁戒があります。
その禁戒とは、
1.非暴力:自己と他者を傷つけないこと、無駄な殺生をしないこと
2.正直 :嘘をつかぬこと 
3.不盗 :盗まないこと、他人のものを欲しがらないこと、人のアイディアを自分のもののように話したりするのも、盗みになります。
4.禁欲 :不摂生をしないこと、自然な生活をすること
5.不貪 :欲をおこさぬこと、必要以上のものを所有しないこと

五つの戒めの、一番最初にくるのが暴力の否定です。

暴力とは、それを行う本人にも同じだけのダメージを与えるものです。
言葉の暴力も同じです。口論の後のあの、胸のザラザラした嫌な感覚、どなたにも覚えがあることでしょう。



虫 というものは、一部の害虫を除いて、ある意味無抵抗ですらあります。
その虫に対して暴力を為す時、自分自身は、どんな表情をしているでしょう。
決してあたたかな笑顔ではありませんよね。してたらコワイです!!(^^:)))

暴力は、自分自身に良くないストレスを与えます。
自分を攻撃するということにつながるのです。

自分以外の生き物を尊重するということと、自分自身を大切に愛していくということは、同じライン状にあることだと思います。

植物の命と日々触れ合っている庭師さんの言葉に、ヨガの普遍の教えを見つけたのは、静かな感動でした。
[PR]
# by burdsall | 2011-08-28 23:19 | Comments(0)