ニケタン同期のYさんのご紹介で、今日は板橋区のヨーガセラピー教室に体験に行ってきました✨

a0235158_21013993.jpg


ヨーガ療法士、小林律子先生によるシャンティマインド様です✨


素敵なスタジオ✨一階はオーガニックカフェになっていました(もちろんランチしてきましたよ〜ん😋)

レッスンは女性ばかりでしたが妊婦さんもいらしてました✨
(お隣だったこともあって、ついつい気になっちゃう😍ダメダメ、自分に集中❣️と何度も言い聞かせたり、妊婦さんに意識が行く自分を「あーまた意識してるね」と客観視したり😂何れにしても佳き時間でした❤️⬅︎妊婦さん大好き💕なので、帰り際とかつい話しかけちゃったりする💦怪しいかな💦)

ヨーガセラピーは一般ヨーガと異なり、病気の方、マタニティの方にも安心して参加していただけるもの✨それでももちろん療法士は一人一人をしっかり見て注意深く声がけしますし、今日も繊細な声がけがあって、その技術の高さに感動して帰ってきました。


帰り際先生と少しお話しできました😀
(なんと同い年ということが判明✨)
他にも個人的に不思議なご縁を感じることがあった素敵な出会いでした✨

7月の福岡での学会の後、ヨーガセラピーもやってみたいですが…具体的にどのようにスタートさせるか全く構想がわかないので、しばらくは焦らず、いろいろな先生のレッスンを受けて勉強していこうと思います😊


講師になって、レッスンをするようになって三年。
教わるほうの立場になると素直に純粋に、ヨーガを「楽しむ」自分に気づきます。自分がレッスンを指導する時は頭カラッポにするわけにはいかないので修行そのものですから😂当然違いますよね💦

時々、ただ心を無にして、参加者の一人としてレッスンに入って行くのも素敵なことだな…と、そんなハッピーな気持ちにしていただきました。
小林律子先生、今日はありがとうございました😊またドロップインさせてくださいね〜✨






ヨーガインストラクター 河井美代










110.png104.png102.png101.png106.png176.png





[PR]
# by burdsall | 2017-06-13 20:46 | ヨーガ・セラピー | Comments(0)

自分のレッスン再考

a0235158_20444577.jpg

一昨日ニケタン卒業して卒論から解放され、
「宿題が無いってこんなに軽快なんだ〜✨」と
幸せいっぱいの昨日、緑内障の定期検査に行って来ました✨

(視野欠損は良くもなってないけど進んでもおらず、この年齢にしてはこれ以上下げようがないくらい低い8と9という眼圧で、相変わらず経過観察のみでホッとしました。ていうか低過ぎない?!105.png)

わたし自身、上記の緑内障経過観察と17年前に手術した甲状腺ガンの関係で定期検診、小さい子宮筋腫、軽い顎関節症…その程度の「病気のタネ?」を持ってはいます。

ヨーガニケタンによると、今、国内のヨーガ教室に通っている方のうち、約60パーセントの人が何らかの病気を持っている、と公式のデータがあるそうです。

一般的に、ヨーガ教室には、健康を求めて参加される方がほとんどです。

でもそれは、身体の健康に特化された希望であることが多いですね。

ヨーガでは、身体(食物鞘)の不調や病気の元は、心の深い部分(理智鞘)にあると教えています。

「事実」に「意味付け(認知)」をする理智の部分。
認知の間違いが、意思(鞘)を蝕み、エネルギー(生気鞘)を蝕み、一番外側の身体(食物で出来ている鞘)に不調や病気となって現れるというものです。

アーサナだけでは、理知に直接働きかけるには不十分と言われます。

ヨーガのレッスンは「アーサナ」「プラナヤマ(調気法)」「瞑想」の三つのアプローチで成立します。


時間その他の状況で多少の変化はあるものの、いこいYogaではその三本の柱を崩さずにやってきました。

これからもその柱を変わらず大事にしながらも、

アーサナやプラナヤマの中にも瞑想の「快感」をもっと味わっていただいて、
瞑想タイムにおいてはより深い集中を感じていただけるよう、クラス構成をしていきたいと考えています。


師匠の木村慧心先生は、存在自体がヨーガそのもの💦
アーサナやラージャヨーガのアイソトニック運動の指導の時も、
プラナヤマの指導の時も、
課題瞑想指導の時も、
同じ深い深い集中に導いてくださいます。

いこいYogaでのレッスンも…
そんな「深い集中」へと自然に入っていけるものを目指します。

6月のレッスンは、15日がラストです。

集中する心地よさを味わいにぜひご参加ください✨


体験も常時お受けします。メールでお申し込みくださいね。
(体験一回限り1000円)

ikoiyogajindaiji❤️gmail.com
(❤️を@に変えてください)

緑豊かな深大寺の心地よい和室でお待ちしています。




ヨーガインストラクター 河井美代





110.png104.png102.png101.png106.png176.png











[PR]
# by burdsall | 2017-06-13 20:04 | 日々のあれこれ | Comments(0)

すみません(怒られる前に先に謝っちゃう💦)、今日の記事は長くなります。
a0235158_10112372.jpg

昨日は、ヨーガ療法士養成講座(YTIC)第20回目、そう、ついに最終講座日でした‼️🙏💖

昨日は筆記試験と実技試験、卒論提出、パワポでの卒論発表、その他にも事前にネット提出する宿題もあり、と盛りだくさんで、前回の講座からの3週間は記憶が飛んでるほど濃い日々でした😇(さすがの私も食欲が少し落ち、体重も減りました‼️⬅︎結果的に適正体重になった💖)✨✨✨


ヨーガ療法士を目指して日本ヨーガニケタンで勉強を始めて、実はもう6年以上になってしまいました。亀の歩み‼️🐢早い人なら半分の期間で修了できるのです😂

2011年12月にYIC(前期講座)スタート、2013年2月にYIC修了…。

YICを修了すると「ヨーガ教師」の認定証をインド中央政府からいただけます。

通常はそのままYTIC(後期講座)へ進むのですが、私の場合は自分のアーサナ技術や指導に全く自信がなかったので、2012年9月から友永ヨーガ学院にて指導者養成コースに入りました。友永ではみっちり3年間かけて指導者を育成します。特に実習には他にはない、かなり充実したカリキュラムが組まれています。指導実習の訓練もハンパないもので、課題提出、症例実習の多いYTICとの二足のわらじは私にはとても無理。子供たちの保護者としての仕事や課外活動、習い事も活発になって、それに合わせた生活でしたしね…。

そのためYTICはYIC修了後3年の間をあけての受講となりました。

YIC修了時、アーサナ指導の力量のなさだけではなく、このままYTに進むには、あまりにヨーガの哲学や文化的側面を知らなさすぎることへの焦りもありました。ですからこの選択は妥当だったなと思っています。YTに進むまでにニケタンの修行会や研修会、スワミジによる聖典講座、鳥取での内観修行なども経て、充実した3年間を過ごしました(子育てで悪戦苦闘、たまに悶絶したり😂)。

(しかし自分にしては相当勉強した割には、あんまり知識が深まった気もしませんが…ゴニョゴニョ…)

YICを始めた頃小学校一年生だった息子はもう中学生になりましたし、私自身、年齢を重ねて心身ともに多くの変化(老化)も感じています🙃

でも、こんなにも長い間、飽きっぽい私がヨーガ療法の勉強を続けてこられたのは何故なんでしょう…。

ひとつには、無理をしなかったこと。

友永ヨーガ学院の指導者養成コースの時はニケタン受講は潔く諦めて、できる範囲でだけの独学を続けてたことが要因と思います。

もう一つは(こちらが大きかったのですが)、一人じゃなかったこと、仲間がいたことです。

自分一人でやってたらとても続かなかった。ヨーガ療法に関しては、先輩方が中心となって、学びたい人が学べるような自主的勉強会がしょっちゅう開かれていました。今はもっと盛んです。人間一人でできることには限界がありますが、周囲の人に助けられて支えられて、夢も繋がって行くことを療法士の先輩方から教わりました。また、卒論の症例のためにわざわざ電車とバスを乗り継いで深大寺まで友人、知人が実習者役で何度も足を運んでくれて、私の拙いヨーガセラピーを受けてくれました。皆さんに、本当に感謝しています。ありがとうございました😊

そして、さらにありがたいことに、尊敬できる療法士の先生が身近におられるという幸運がありました。自分を飾らず、知っていることは惜しみなく、知らないことは知っている人を紹介する、など、私の質問にまっすぐに応えてくださる療法士の先生に恵まれました。今もその先生のクラスに月3回通っていますし、これからも通い続けたいと思っています。


他にも、家族の理解と協力があって、なんとか最終講座にたどり着けたこと、感謝以外の言葉では表せません…。


来月福岡でのポスター発表終了後、認定を得る流れになります。

ご縁のあった方に深く感謝して…、ひと山越えたご報告とさせていただきます…本当にありがとうございました。今後、療法士として具体的にどのように活動して行くかはまだはっきり決めていませんが、できればマタニティや産後の女性、企業で激務な毎日を過ごしている方々へのアクションをしていけたらとぼんやり考えています。またブログなどでもご報告させていただきます。いこいYogaのかつどうとともに今後とも、どうぞよろしくお願いします💖


m(__)m




ヨーガインストラクター 河井美代







103.png103.png103.png103.png103.png103.png103.png103.png103.png103.png162.png127.png



[PR]
# by burdsall | 2017-06-12 09:21 | ヨーガ・セラピー | Comments(0)

雨の月に

a0235158_11335830.jpg

湿気が多い時季は関節が冷えて、古傷が痛んだりします。

また、湿気取りのためにドライに設定されたエアコンの影響で、喉が乾燥と冷えにやられたり、これから夏にかけて、体への負担が見えないところに発生しがち。

こんな時こそ基本に戻って、ご自身の身体を見つめ直し、感じ直してみてくださいね。

大きな筋肉である大腿四頭筋をしっかり動かす。

インナーマッスルの中でも特に広範囲への影響力の大きい腸腰筋を意識する。

吐く息、吸う息を捉える。

簡単なことですが、ちょっと視点を変えるだけで自己コントロールに直結する動きになります。

ヨーガのレッスンで、そんな自己コントロールを身につけて行きましょう❣️


今月はヨーガの人間存在の捉え方というテーマでお話しています。
メンバーさんにはもうお馴染みの「五蔵説」や「馬車説」、改めて新しい気づきのある方もいらっしゃるかもしれません。

本当の自分はどこに?

宇宙の真理は?

修行者ではなく一般的な生活を送る人のヨーガって?

死んだらどうなる?


古今東西の人間の疑問に対する答えが、ヨーガにはありますね。


静かな雨の日は内省的になるにもぴったり。
これからの梅雨の時季が、楽しみでもあります✨☔️



きもちよく身体を動かしたい、
心の深いところまで知りたい…

そんな時はぜひ、レッスンにご参加ください。

体験の方も常時歓迎です。お問い合わせ&お申し込みは

ikoiyogajindaiji ❤️gmail.com

(❤️を@に変えて送信してください)



今日も佳き一日になりますように✨



ヨーガインストラクター 河井美代




107.png113.png106.png112.png124.png175.png















[PR]
# by burdsall | 2017-06-07 11:11 | いこいYoga | Comments(0)

小さき者へ

a0235158_22092667.jpg
著者は中学受験の頻出作家、重松清さん✨

この作品を読んで、思いました。

「子供の思い、辛さ、戸惑い、そういったものは自分自身も
確かに経験してきたはず。
でも、親になった瞬間から、「親目線」になっていたな…」

内観修行でもしないと、自分の思春期当時の気持ちはなかなか、蘇らせるのは難しいですね…。


親になって初めて、わかることがあると同時に、

親になってもなお、わからないこともたくさんあります。


人間が育つ過程、生きる道…つまり人生には、
解答がない問題の方が圧倒的に多いという、あまりに使い古されたことばを
嫌という程思い知らされる作品でした。


幾つになっても、たとえ親の身長を越えても
(私ももう娘に抜かされました🤗)、
いつまでも親にとって子供は「小さき者」であり、
守ってあげたい存在であり、
守ってあげられる元気な自分でありたいという
いわば「気力」の源にもなってくれる存在です。

そんな思いと同時に

「あーそういや二人ほど産んだっけな〜〜。
今頃ヤツラは元気かな〜〜まあ、元気でしょうね〜〜、私の子だから115.png🎵

なーんて達観して、遠くでお互いの健闘を祈る間柄に早くなりたい気もします。

「小さき者へ」の小さき、というのは、子供ということだけじゃなく、
親もかつては「小さき者」だったし、じつは親となった今だって、まだまだ小さき者なんだということを感じましたね〜。



今日のマタニティ・ヨーガレッスンは輝くような笑顔の妊婦さんと
その方がお連れになった上のお子さん(この子がお腹にいた時にも、レッスンに参加してくださいました💗お一人目ご安産だったとのこと、とても嬉しかったです💗💗💗)との時間でした。

リピーターが来てくださることほど嬉しいことはありません103.png103.png103.png

お子さん達が中学生くらいになった時、どこの親もそうであるように、その方もまた、乳幼児期とは異なる苦労に苛まれることがあるかもしれません。

どんな環境でもお子さんの個性がどういったタイプであっても、
最低限避けられない共通の壁が立ちはだかる時期が必ず来ますね💦

でも親御さんが、自分自身の心身の状態に鋭敏で、
「感じ取る」「客観性」を持っていらしたら、
きっと道は拓けてきます。

いつもお子さんを注視しているママ達が、ヨーガの時間によって自分自身の内側を観るようになり、自分の心身もケアするきっかけになれば…と願っています✨

また素敵なママ&ベビーと過ごせる時間を楽しみにしています✨



日本マタニティ・ヨーガ協会会員 河井美代









109.png110.png102.png101.png113.png107.png174.png













[PR]
# by burdsall | 2017-05-30 21:33 | マタニティ・ヨーガ | Comments(0)