カテゴリ:日々のあれこれ( 34 )

かわいいコたち

こう見えて、年甲斐もなく、かわいいものに目がないわたくし。
今日は京都で見つけたかわいいもののご紹介です。
全然ヨーガと関係ない、全くの個人的な😂写真です。ご興味ある方だけどうぞ😂

a0235158_07451378.jpeg

a0235158_07463057.jpeg


a0235158_07474918.jpeg

a0235158_07470460.jpeg

a0235158_07484090.jpeg

a0235158_07490448.jpeg

a0235158_07493701.jpeg

a0235158_07503132.jpeg

a0235158_07512496.jpeg

a0235158_07520953.jpeg

a0235158_07530602.jpeg

a0235158_07534494.jpeg

a0235158_07541124.jpeg

a0235158_07543730.jpeg

a0235158_07551336.jpeg
a0235158_07553234.jpeg

a0235158_07555385.jpeg

a0235158_07561677.jpeg

a0235158_07563823.jpeg


京都で見つけたかわいいコたち!関東とはまたちょっと違うゆるさがあって😂楽しめましたー!

お付き合いくださりありがとうございます😊









101.png102.png104.png103.png106.png109.png








[PR]
by burdsall | 2018-12-11 07:42 | 日々のあれこれ | Comments(0)

冬の古都

夏に東京から京都へ引っ越した友人のところへ遊びに来ています。

a0235158_17112928.jpeg
高台寺の今年最後のライトアップ(12/10)にも間に合いました。





a0235158_17132701.jpeg

a0235158_17153527.jpeg

a0235158_17160810.jpeg

a0235158_17164525.jpeg

a0235158_17172045.jpeg

a0235158_17180777.jpeg
京都イコール河井寛次郎というくらい思い入れがあるので、ここに載せきれないくらい、狂ったように写真撮ってたら、

「心の目にちゃんと焼き付けてる?」

と友人に指摘されました。




a0235158_17201266.jpeg

ご存知金閣寺(鹿苑寺)は、修学旅行生で大混雑でした。


a0235158_17223363.jpeg
私の周りは、金閣より銀閣(東山慈照寺)の方が人気があるんですが、皆さんいかがですか?
a0235158_17235369.jpeg


a0235158_17242768.jpeg

a0235158_17245536.jpeg

私自身も、銀閣寺派です。
次回はもっと時間かけて、じっくり味わいたいです。

a0235158_17260058.jpeg
ちなみに、上の写真が銀閣寺の「本堂」です。
(先日、テレビの旅番組ではじめて知りました😂)

a0235158_14461178.jpeg
この写真でいうと、手前の木の向こうが本堂です。左側の有名な建物の方では、接客をしたりしてたそうです。がーん。知りませんでした(常識なのでしょうか?)



a0235158_17364085.jpeg





a0235158_17283071.jpeg

ベタですが、やはり竜安寺は良いですよね〜。
修学旅行生たちも、若いのに、「自宅にもこの庭欲しい❣️」って大喜びしてました。なんか嬉しかったナ☺️💖

a0235158_17310206.jpeg

ヨギーニの端くれとしては、これも欠かせません。「足るを知る」、サントーシャ。まあ、地元深大寺にもありますけどね😂


a0235158_17323056.jpeg

世が世なら、限られた高貴な人が愛でるのみだった美しい庭を、今は一般の私たちも楽しめるのは有難いですね。

京都日記、美しいお庭編は以上です。


(もう少し続く❣️😂)









101.png102.png103.png104.png106.png175.png








[PR]
by burdsall | 2018-12-10 17:02 | 日々のあれこれ | Comments(0)

二つの世代の合間で

a0235158_17453407.jpeg


a0235158_17523572.jpeg



今、娘は19歳で、私が49歳、実家の母は70歳です。


a0235158_17460009.jpeg



a0235158_17582260.jpeg



(娘も背が高いんですよ〜〜💦もうとっくに抜かされました)



夏に仙台に帰った時、母の相変わらずの饒舌ぶりに、ホッとするやら少々疲れるやら。どなたもそうでしょうけれども、勢いよくまくしたてられるのは私も苦手です。
でも、たまにしか会わないのですから、これも傾聴の勉強の機会をいただいた、と思って、母と向き合いました。



そして先日。
娘と久しぶりに二人で家でご飯❣️というときがありました。
家族四人揃うことより、娘と二人というパターンは少なくなってきたので嬉しくて、ついついあれこれ話しかける私に娘がひとこと。


「ママさぁ…

よくそんなに喋ること(話題)が尽きないね」



Σ Σ੧(❛□❛✿)❣️❣️❣️❣️❣️

これ!!

まさに私が実家の母に対して思ったことそのまんまでした❣️❣️❣️❣️❣️


久しぶりに二人きりで話せた嬉しさでかなり興奮気味だったのか…


実家の母もきっと、同じ思いだったんですよね。

そしてそんな母の饒舌ぶりに内心うんざりしていた私の気持ちは、そのまま娘の気持ちとリンク❣️


いや〜、なんだか中間管理職の辛さ?なんでしょうかね?!

どちらの気持ちも実感できるっていうのは、何ともはや、「トホホ」なことですね!!

😂😂😂😂😂😂😂😂😂😂

でもこの場面で一番得をしているのも私です。

どちらの立場の気持ちも実感し、かつ客観視する機会を得たのですから…



年末、久しぶりに近しい人たちに会う機会に恵まれる方も多いことでしょう。ヨーガでも自己存在に関わる大切な存在として親、ご先祖さま、生育環境を客観視することを重要視しています。時には心に負荷がかかることもあるかもしれませんから、慎重に…、でも勇気を持って、自分のルーツ、そして枝葉に向き合っていきたいですね。




時季ならぬ暖かさに恵まれた1日でした。

皆さま佳き時間をお過ごしくださいね。


ヨーガインストラクター 河井美代




110.png101.png102.png104.png106.png113.png174.png





[PR]
by burdsall | 2018-12-04 18:00 | 日々のあれこれ | Comments(0)

a0235158_22334258.jpeg

先日、とある講演会で聞いたお話ですが、実はこれ、数年前に何かの本で読んだことがありました。

最近のお母さんが、子供に一番多くかけている言葉。なんだと思います?

ちなみにひと昔前は「ひとさまに迷惑をかけないこと」だったとか。


今のお母さんが子供に一番多く言っているのは


a0235158_22341120.jpeg



「早くしなさい」だそうです。

乳幼児を育てている最中のお母さんは、感受性が大変鋭くなっているので、この言葉が出るだけで涙が出る方もいらっしゃるかもしれません。

講演会での指摘はここまでですが、私はこれを聞いて、
もう一つあるな、と自分の育児を振り返って思いました。

「ちょっと待ってね」がそれです。

ワンオペ育児などというちょっと自虐めいた表現が出てきて何年経つでしょうか。今のお母さんたちは本当にいろんなことに追われて、追って、ヘトヘトなのに、自分に対しても厳しい真面目な方が多いです。
核家族でほぼ1人で育児して家事して、多くの方が仕事もして。
「ちょっと待って」が出てくるのも物理的に自然の流れです。

でも、この「ちょっと待って」の弊害も大きいです。
子供との時間、子供の訴えに対応してあげることは一期一会で後戻りできないもの。家事の手を休めてでも、濡れた手をエプロンで拭きながら、子供の目線に座り直して聞いてあげたいものです。


しかし現実は…。


早くしなさい、と子供を急かし、ちょっとまってねと子供を待たせる自分。

一生懸命な愛情深いお母さんほど、苦しくなってしまうかもしれませんね。



あなたのお母さんはどんな言葉をかけてくれましたか?

わたし(49歳)はというと、母(70歳)に、「早くしなさい」と言われた記憶はありません。
「ひとさまに迷惑かけるな」は確かによく言われていた気がします。


世代世代でお母さんに対する社会の要求の内容も変わります。それによって、お母さんと子供の関係も変わります。



時代が変わっても変わらない大切なもの。それはなんだと思いますか?

ヨーガ的にはそれは「真我」です。
絶対普遍の真我と、肉体や名声など有限なるものとをしっかり識別することが大切です。

今のお母さんも
昔のお母さんも

子供に健やか育って欲しいという、ただその想いが根底にあることは変わりありません。

色々な育児に関するアドバイスがあふれていますが、本質的に大事なことは何なのか、常に自分を見ていく、客観視していくことをお勧めします。

そのためにもヨーガがお勧め!自分の体に感覚に集中することで、いろんなことごとに対して一つずつ誠実に見ていくクセをつける、身体を使って心のありようをコントロールしていくことをお勧めしたい…、と、講演会を契機に改めて思いました。





ヨーガインストラクター 河井美代








109.png110.png101.png102.png104.png106.png174.png


















[PR]
by burdsall | 2018-11-16 22:09 | 日々のあれこれ | Comments(0)

この秋始めたこと

月に一度くらいは筋肉の使い方の指導を受けよう❣️と、
ドロップインで、練馬区の、とあるクラスに通い始めました。

a0235158_14080970.jpeg

参加者ほとんどがヨーガ講師なので、自由時間にはあちらこちらで華麗なポーズを見学できます。基本的にポーズの完成度には関心の薄れた私ですが、難易度の高いポーズ程、その人の癖(体のクセも心のクセも)出やすいので、やはり折に触れて自分を鍛えつつ、自分のクセを観て知りたい❣️と思います。月に一度のそのレッスンは、受講者同士でアジャスト的なこともしたり、「いこいYoga」や友永ヨーガではやらないことも経験できる貴重な機会です。

a0235158_14100518.jpeg

「あと3キロ分お腹周りが痩せたらもう少しねじれる」とか、もっと引き上がる、とか、わかっていますけどね、趣味の喫茶店巡りは続きます😂
井荻のスタジオから少し歩くところに古本カフェがあり、毎回の楽しみになっています。



実りの秋、皆さんは何か始めましたか?

私は実るのは脂肪ばっかりにならないように、しっかり鍛えていこうと思っています❣️



楽しい季節をお過ごしください。



🍁🍁🍁



ヨーガインストラクター 河井美代








101.png102.png104.png106.png109.png174.png






[PR]
by burdsall | 2018-10-24 14:03 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「はい、私でよければ」

今日は先輩インストラクターと二人で、前々から一度レッスンを受けてみたい、と思っていた先生のところへ体験レッスンに行きました。ヨーガ歴約40年以上と伺っている、日本を代表するインストラクターのお一人、Y先生です。


a0235158_19533745.jpeg

普段使ってない筋肉がこんなにあったのか…などなど、心身にたくさんの気づきをいただきました😂いや〜〜結構キツかったキツかった😂💦

レッスンの後、先生とゆっくりお話しできたのですが、その中で一番印象に残っているのが、「応諾」ということ。

「なんらかのお役目が来たら、戸惑うこともあるかもしれないけど、私なんかが、とは言わず、『はい、私でよければ』って受けちゃった方がいいのよ。それで結果がどうあれ気にしない。向こうから依頼してきてるんだから、そんな時はそれくらいでいいんじゃない?」と、なんとも明るくさっぱりシンプルに❣️先生のお人柄そのものの明快な教え❣️

a0235158_19540614.jpeg

私自身、特に20年ほど前は、産後の肥立ちの悪さや手術後の体力の減少から、数年間心身ともに何かの役割や約束を受けることがなかなかできない年月がありました。気力体力が無くて、育児で全てのエネルギーがいっぱいいっぱいで、引き受ける事で返って相手に迷惑をかける、やり遂げる自信もない…そのことに怯えていました。

出来るところまで精一杯やって、結果にはこだわらない。それが理想でしたが、実際はビクビクしながらも断る罪悪感から引き受け、そのくせ結果に一喜一憂していたことを思い出しました。まあ当時はあれが自分にとってのベストだった、これからは少し違う反応が出来るようになりたい、と、精神面での成長を促されるようなお話でした。
レッスンも笑顔いっぱいでしたが、お話も深く引き込まれる時間でした💖

a0235158_19560343.jpeg

木村慧心先生が折に触れお話しくださる、受容する事の大切さ、カルマヨーガに繋がるお話。Y先生も、心に響く柔らかい言葉で私たちに教えてくださいました。Y先生、本当にありがとうございました😊😊💖

友永ヨーガ学院所属の二人で行ったので、我々二人を「阿佐ヶ谷姉妹」ならぬ「荻窪姉妹」とアピールしました💖姉妹で、また一人ずつでも、ぜひまた参加させてください❣️


この三連休は趣味の喫茶店巡りも充実しておりました😊皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。
いつもの和室で是非レッスンの後、聞かせてくださいネ。
それではまた、木曜日に!


ヨーガインストラクター 河井美代




103.png101.png102.png104.png106.png175.png














[PR]
by burdsall | 2018-10-08 19:30 | 日々のあれこれ | Comments(0)

40代最後の年❣️

先日晴れて49歳になりました。


a0235158_09364084.jpeg

一つ年上の夫は

「年齢書くとき、50って書くと、自分の年齢に改めてびっくりする」

と言っていますが、確かに、自分が若い頃「50歳」ってとてつもなく遠い、はっきり言えば老齢、の域でした。

ところが実際50歳を目前にしてみて…、

体力的には20、30代より筋力もアップしているし、今の身体が一番「好き」です😺🥂💖心地よさは20、30代よりずっと上なのです🤩

思えば若い頃って、自分の身体感覚より、目からの情報や人からの評価に意識がいってたようです。

若い頃あんなに悩みのタネだった太い立派なふくらはぎも、今じゃ「大腿部や膝の弱さをカバーしてくれているありがたい筋肉さま」と、自分の身体の中で一番感謝する部位になりました。

また、私は170近くあるんですが、背が高いことも学生時代はすごくすごく嫌でした。モテないのは身体が大きいから、と思い込んで人知れず落ち込んでいたこともありました(今思うとカワイイですな、若いって…)。

でもヨーガインストラクターになってみると、身体が大きいと、
「大きな教室でも一番後ろの方にもよく見えるはず❣️❣️」
「大きくてよかった❣️」と思えることが増えました。
腕も長いので柔軟性の割にはポーズも取りやすかったり、参加者さんからするとポーズのカタチがわかりやすい、ある意味「利点」になっているかもとも思えるようになりました。

他にもたくさんのコンプレックスがあったけれど(数えだしたらきりがない)、一度目を閉じて座り、瞑想すれば🧘‍♀️、外見の悩みは単なる認知のまずさが導き出した思い込みでした。

肉体の死が訪れるまであと何年かは誰にもわかりません。
その日が来るまで、普遍の魂の入れ物であるこの身体に感謝の気持ちを忘れずに、身体と心のよい関係を継続していきたいと思っています💖

精神面では、11歳くらいから何ら変わっていない感覚があります。多分私の魂年齢は小学校高学年レベルなんだと思います。家族を見回しても魂は自分が一番若いかな…。こんな未熟な魂で、子育てやら、なんやら、まじめにやっているんだから偉いよね、と思います😹

a0235158_09393841.jpeg

↑先日「夜の喫茶巡り」をした時に友人が撮ってくれた一枚💕夜喫茶はオトナの楽しみです〜〜💖アルコール駄目な体質でも、楽しめるカフェが増えてきて嬉しい限り😆



というわけで、今回は、いつも以上にわたくしごとを書き連ねましたが、皆さまの、「自分の身体」「心」との関係の作り方に、少しでもお役に立てればと思います。

それぞれの年代での心と身体の状態について振り返る瞑想も、自己客観視の題材には良いかもしれません。日々、発見と気づきを重ねて、ご一緒に学びを深めていけたら嬉しいです。
これからの一年もどうぞよろしくお願いします🤩


今日も厳しい暑さになります。
しっかりと心身を整えて参りましょう。


ヨーガインストラクター 河井美代







101.png103.png104.png106.png107.png174.png

[PR]
by burdsall | 2018-07-22 09:00 | 日々のあれこれ | Comments(0)

このひと月、三月末をゴールに砂糖抜き生活を続けてきました✨

a0235158_20550411.jpeg

長女を妊娠して以来、母乳育児にこだわっていたことや、ガンになった経験から、15年くらいはほぼ菜食主義を守っていました。


12年ほど前にヨーガと出会い、ますます食生活は「あっさり」したものに…。

ところが、2年ほど前から、更年期症状や全身的な「老化」を実感するようになって、

「肉でもなんでもいい、もっとタンパク質を摂りたい!」

と感じるようになり、肉も食べるようになりました。


それまで長い期間取り入れてなかった陽性の食物である肉を食べるようになったからなのか、コーヒーや洋菓子と言った陰性の食物を日常的に欲するようになっていました。

このところは食事量よりもおやつの量の方がむしろ多いくらいだったかもしれません。砂糖と油の中毒のようになっていましたね…。


砂糖を摂ると楽になるのはいっときで、返って疲労感が増すのに、また糖分を摂って気合を入れて、の繰り返しでした。


友永ヨーガ学院の指導者養成コースの一環として、
三年間で2回の断食が課せられていました。


ちょうど1回目の断食期間が3月で、スギとヒノキの花粉シーズンに当たっていましたが、その年は一切症状が出ず(断食前に少々のくしゃみなどはあったけれど断食とともに収まりました)、大変衝撃を受けたのを覚えています。

a0235158_21143170.jpeg

今回もまた、胃腸への負担を減らすことで、症状は間違いなく抑えられることは体感として分かりました。

でも正直言って、花粉症の症状の抑制のためと言うなら、スタートするのが遅かったかも。12月ごろから胃腸に注意を払った食生活を継続し、かつ自分の弱いところ(幼少期から春季のみ結膜炎になります)をケアして(具体的には1月ごろから花粉症を抑える眼薬があるそうです)おけばよかったと思います。

砂糖抜き10日ごろまでは、大量に食べていたおやつ分を補うようにご飯やフルーツの量が増え、なんだかお腹周りが返って太ってきました🐷💦

二週間目くらいから食事の量も自然に以前の量に戻り、今に至ります。


ここ2、3日、試し試し甘いものを食べてきていますが


あ、ちょっと量多い?と思うと、翌日は目やにが増える、鼻水で喉が刺すように痛む、ということが起こりました。

今日は娘の誕生日。いちご🍓ショートのバースデーケーキ🎂❣️
時間をかけて味を堪能しました✨

実は数日前に砂糖を解禁してから目の痒みと充血がひどく(夜間はうさぎレベルの目の赤さ)、本日慌てて眼科を受診してきました💦

花粉症症状抑制という目的には、約ひと月の砂糖節制だけでは追いつかなかった、というのが今回の観察?実験?結果です。

a0235158_21150976.jpeg

それでも短期間でも食事に制限を加えたことは、セルフコントロールのよい練習になりましたし、少しは体調の回復に良い影響があったと思います。疲れやすさが全然違う!砂糖を摂らなければ、背中の重さ、だるさは無くなるんだということ、そして、疲労回復が早いことを知りました💖

また、砂糖を取り始めてから急激に目の症状が(目やにやかゆみ、まぶたを閉じるとゴロゴロした感じが強まり刺すような痛みが眼球に走る…)、明らかに悪化したのも、大変象徴的で、今後の食生活のために良い体験となりました。

ひと月弱では短かったと思います。今年の秋口から、また砂糖断食チャレンジしてみようと思います。



食のコントロールは成功すれば大きな自信になりますし、たとえ失敗しても、やってみようと思ったこと自体に大きな意義があります。これからもトライして行きたいです。
ご関心を寄せて下さいました皆さまありがとうございました!


ヨーガインストラクター 河井美代







110.png106.png104.png102.png101.png174.png








[PR]
by burdsall | 2018-03-31 14:28 | 日々のあれこれ | Comments(0)

a0235158_06275289.jpeg


砂糖のない世界を生きて順調に3週目〜

火曜日の夜、代講レッスンで荻窪に行った際、時間調整で入ったコーヒーショップで、うっかりココアを注文してしまいました😂

受け取ってから「あっ」と気がつき😂

全部残すわけにも行かないので、ゆっくり、ひとくちずつじっくり味わっていただきました。
マインドフルネス的に😂

でも、舌がビリビリして、全部は飲み干せなかったのです💦
1/3くらいで胸やけのようになり、残してしまいました。


量が少なかったせいか、糖分を摂った悪影響はなかったように感じています。

逆に、直後にレッスンをしたのですが、自分の統制がとれてやりやすかったレッスンでした。
仕事前に適量の糖分を摂るのは悪くないということ身体が教えてくれました。

そもそも糖分は別に悪者ではないんです。

食事がわりに、ほぼ毎日のようにケーキを食べていた私の糖分との付き合い方が悪かっただけですしね。
砂糖と油のハーモニー✨の中毒患者だったんですねー。


カタ・ウパニシャッドの人間馬車説で言うところの「馬の暴走」です。御者である理智(ブッディ)を訓練することで手綱(意思さばきの問題がクリアになるように😂、もう少し、食事の統制(今回は砂糖抜きの世界)を続けてみます。


花粉症の症状について

胃腸の負担を軽くする事で症状の軽減が見られるかの実験のつもりで始めた砂糖断ちですが、三週間経った身体感覚としては

「疲れにくくなった」「昨年に比べて花粉症の症状が全体的に軽い」

一方で

「食事の量そのものは減っていない。特に開始一週間程度はおやつをなくした分食事の回数、量ともに増えたのでお腹周りが太ってきた😂」

「三週目に入る頃、首の付け根〜肩甲骨にかけて吐き気を伴うほどの固さ、コリが三日間続き、鍼治療に行く(効果てきめん、腰の問題と冷えからくる不調と診断されました)」←好転反応だったら良いなと楽観的に捉えたいところですが、急な温度変化や日常で気の張ることが続いた後だったのでストレスかも。



3/31の子供のバースデーケーキまであと一週間を切りました。ここからは完全に砂糖を抜くというより「基本摂らない」「少量、仕事の前に摂っても良い」にシフトチェンジして、徐々にケーキへの耐性をつけていこうと思います💓

断食の締めである「復食」のようなものなの105.pngで、ここからが大事ですね。

またレポートします♬




ヨーガインストラクター 河井美代





110.png111.png102.png101.png125.png181.png179.png174.png














[PR]
by burdsall | 2018-03-24 06:27 | 日々のあれこれ | Comments(0)

アドラー心理学入門




a0235158_07504556.jpeg


a0235158_07465696.jpeg


先月から二ヶ月に渡って、アドラー心理学の入門者向けの講座に参加していました。少人数で、一人一人が実際の生活に実践できるよう組み立てられており、宿題も実生活を反映するものでとても充実感を味わえました。

子育て等に活かせるという講座でしたが、ヨーガのレッスンにおいても、参加者様の様子、心の声を傾聴する、観察して一番適切な誘導をする、ということに絶対に役立つ❣️という気がして、参加を決めました。



一般的にアドラーと言うと、

「トラウマそのものの存在を認めない」

と解釈されている点が、実際にPTSDに苦しんでいる真っ只中の人には適さない考え方だと捉える方は多いです。ネットでもそういった見解が溢れていますね💦強く否定する人の大抵はそこに着目しています。

今実際苦しんでいる渦中にいる人に「それ、無いから」っていう断定は、「優しくない」と私も思いますし、ケースによっては「危険」です。アドラー心理学を使ったセラピストの言葉でパニック状態になったとき誰がどう対応するのか、そこまでのマニュアルや技量も必要だと思います。ヨーガ療法士としては目の前で苦しんでいる人に「トラウマなんて無いから」というスタンスでは根本的にまずいですし(相手を否定してかかってますからね…。療法士は常にニュートラルでいなければなりません❣️)。

大事なことは理論的に正しい事ではなく、実際にどれだけの方が快方に向かうか、その理論をどう役立てるかです。理論が主役ではありません。人間が主役です。



とはいえ今回は、子育てやパートナーシップについてどのように活かしていくかについて実践的な学びがあり、上記のトラウマに対する点を除けば、実際の生活にすぐ活用できる対人法がたくさんありました。また、期待していた通り、ヨーガのレッスン前後に実際に言葉で参加者様と対応する際にも、以前よりも深く多くのことを知るのに役立てて行けそうです。

事実、今回の講座の学びに沿って子供達と関わってみたら、面白いほど子供の対応が変わりました。
テキストにある方法で話しかけただけで、普段無口(と私が感じていた)娘が、面白いほどよく話してくれるようになったんですよネ💦103.png怖いくらいの即効性です❣️❣️
親と子の関係性が昭和の時代とは全く異なっている現実に対応できる、本当に実践的なものだなあと思いました。


今回の講座はヨーガ療法士の先輩の主宰で都内で実施されました。ご興味のある方は日本アドラー心理学会にお問い合わせの上、最寄りの主宰者を紹介していただくのが一番確実と思われます。中にはアドラーの名を使った、営利目的の団体もあるようなので、しっかりとした母体があるか、主宰者の経歴等も見極めることをお勧めします。今回素晴らしい講師(リーダーと言うそうです)の方、真摯な受講仲間に恵まれ佳き時間になったこと、本当にありがたく思っています。

リーダーのO様、主宰のN様、濃い学びの時間をありがとうございました。ぜひ次の段階も勉強してみたいと思っています。






ヨーガインストラクター /認定ヨーガ療法士 河井美代




106.png104.png102.png101.png114.png175.png






[PR]
by burdsall | 2018-03-20 07:26 | 日々のあれこれ | Comments(0)