a0235158_17391502.jpeg



今月はラッキー🤞なことに第5週目があり、4回レッスンを開催出来ました✨✨

新しく入ってくださった方々、早速、月のレッスン全て出ると、最後の週は500円引き〜❣️の特典をゲットしてくださり、嬉しいです😆

お忙しい合間を縫って、他でもないヨーガの時間を作ってくださる皆様に感謝です。無理のない範囲で、ヨーガが日常の一コマになっていかれますように💓


さてさて、今日は、身体をうまく使っていく上で欠かせなくて、そして心にも良い影響を与えてくれる、腹筋のお話をしました。

腹筋には4種類あって(ざっくり言うと3種ですが)、

それぞれがどういった働きをしているのか、

どれを一番、どのように意識していただきたいのか。。。。

これまでも何度となくご紹介して来たことですが、改めてお話申し上げました。


ヨーガにとどまらず、普段の生活の中でも、また、いわゆるスポーツをする上でも大切なポイントとなる身体の使い方。
そのキモは、腹(肚)にあります。


腹をしっかり立てましょう❣️

でも、心は平らにネ😃

肚が決まると目つきまで変わります。
男性はどっしりと力強く頼もしく、かつ涼しげに、
女性はしなやかに、今よりももっと美しくなります。
心が落ち着いて、動作にそれが現れて、存在そのものが輝いてきます。

ご自身の変化を楽しみに、腹(肚)を意識する生活、続けてくださいね。


週末寒くなりそうです。
しっかり腹を立てて、インナーマッスルを使って、内側からもご自身を温めていきましょう。


来週もお待ちしております❣️



ヨーガ・インストラクター 河井美代






110.png106.png104.png102.png101.png175.png176.png












[PR]
# by burdsall | 2017-11-30 17:29 | いこいYoga | Comments(0)


a0235158_14274710.jpeg




私自身、特定の宗教はありません。インドのジャイナ教や仏教と言ったインド生まれの宗教の「不殺生」、「慈悲」に、ぼんやりとした憧れはありますが…。結婚した時はハワイのキリスト教の教会でしたし、実家のお墓は曹洞宗のお寺にあります。

ヨーガは森羅万象全てに通じる智慧です。
そのため、身体の動かし方のみならず、呼吸や食、心のあり方、言葉、音など、この世の全てのことごとにヨーガは関連します。
当然、文化、芸術、哲学、宗教の範囲にも広がりを見せます。


今日はソーハム瞑想をお伝えする際に
マントラに「(宗教っぽくて)抵抗がある方もいらっしゃるかも」と別の提案もいたしました。


本来、「音」にはそれぞれに意味、力があるもの。

特に強い抵抗がなければぜひ、安心して、マントラ「ソーハム」を発音したり、心で唱えたりしてみてはいかがでしょうか💞

特定の宗教に帰依しない人が多数を占めるわたしたち日本人。宗教というとアレルギー反応を起こす人も多いですが…、

一方で、初詣、お宮参りで神道イズムを享受したかと思うと、結婚式は教会式💒👰🤵、子供が生まれればお宮参りに七五三⛩、受験で神頼み、亡くなればお坊さんを呼んでお葬式。全部私のことですが😜

生活の中に「宗教」はしっかり入り込んでます。

インドを見ると、ヒンズー教も多神教というところが日本の八百万(やおよろず)の神を敬う姿勢に似てますね。
改めて自分の宗教観、というものを考えてみても面白いかもしれません。


そもそも、各宗教の求めるものは究極的には同じです。なんだと思われますか?

ズバリ、「幸福」「至福」です。

それが「解脱」とか、表現はいろいろありますが、結局のところ同じことです。いかにハッピーに生きられるか、ということです。

近代インドの精神的巨人スワミ・ヴィヴェーカーナンダジが、第一回世界宗教会議で、各国から各宗教的代表者が集まった席で述べたスピーチがそれを示しています。

ほかのどの宗教の代表者も、自らの宗教の素晴らしさばかりをアピールするのと対照的に、

ヴィヴェーカーナンダジは

「どの宗教もそれぞれに素晴らしい。どの宗教も、目指すところは幸福である」

「ただ、そこへのアプローチが異なっているだけだ」


と述べて、聴衆から感動の拍手を浴びた、というあの有名なエピソード。そこに真実があると思います。


そこには利他的な愛、博愛の姿勢もありますし、何よりも全体を俯瞰し客観視する科学的な態度があります。


家庭やご近所、職場と言った人間関係の中で、持ち続けるべきは科学的態度と温かい心です。
科学的客観的態度と利他の気持ちを持ってすれば、
アヤシイもの、邪悪なものに足を取られることはありません。


もう一歩、前に。
もう少し、力強く。

人生を確実に生きていくための智慧が、ヨーガの中にあります✨



今月のいこいYogaは、来週16日と最終週30日。あと2回ありますね♫


上記のようなカタイ話はなるべくしませんので🤣
安心して気持ちと心をほぐしにいらしてください😘
体験者様も、初心者の方もベテランの方も大歓迎💓でお待ちしています。



風が強い日は、努めて心落ち着く呼吸を。



また、いつもの和室でお待ちしています✨



ヨーガインストラクター 河井美代






110.png107.png106.png104.png102.png101.png174.png










[PR]
# by burdsall | 2017-11-09 13:51 | いこいYoga | Comments(0)

輪廻転生とカルマの法則

日曜日、ヨーガ療法研修センターにてヨーガ哲学の講義を受けて来ました♫

a0235158_07545521.jpeg


a0235158_07553014.jpeg

講師は、日本ヴェーダンタ協会会長スワミ メダサーナンダジです。ヨーガ療法士の先輩方や同期に会えて、嬉しいひとときでした😆💓


私たちという存在は、

❶「肉体」
❷「生命エネルギー」や「感覚」「心」「知性」「記憶」
❸「私は、という自我意識」

この三つに分けられます。


上から順番にだんだんと内側にあるとイメージできるのですが、
❸の「自我意識」が、❶、❷という「有限」なものに向けられるのか

魂や霊性と言った「無限」「永遠」「普遍」「絶対」に向けられるのかで

私たちの命の輝きが決まります。



日曜日の講義のテーマは
「輪廻転生とカルマの法則」。

日本人の一般的なイメージでは、死んでも生まれ変わる!というと
「だから死ぬことは怖くない」という流れ?になりますが


インド哲学では、生まれ変わりはハッピーなことではなく、むしろもうこの世には二度と生まれ変わらないことの方が至福なんですよ( ^∀^)💦

その考え方には、何か日本の「一生懸命」とか「一期一会」が教えてくれるような、
「だからこそ、今ここのこの時、この命を
精一杯生きよう!」
というメッセージも感じてしまいました。

人はなぜ生まれ変わるのか
(インド哲学なので、輪廻転生はあるものという前提です)


なぜだと思われますか?



いつものレッスンの瞑想のテーマにするには、時間が足りないですね💦


今日も一日、転生してきた今生の目的を思い出すくらい
しっかり生きたいと思います。


皆さまも佳い一日を❣️




ヨーガ・インストラクター 河井美代






101.png107.png109.png106.png112.png174.png



[PR]
# by burdsall | 2017-11-06 07:09 | ヨーガ・セラピー | Comments(0)

寒くなりましたね~(;'∀')夜はもちろんですが、朝いちばん最初に起きる主婦としては、水仕事がブルーな季節になりました。

a0235158_11023847.jpeg

主婦は、ついつい家族に合わせて無理しがちではありますが…ヨーガは、「無理のない範囲」で行わなければなりません。(あ、ほんとは主婦もそうですよ!!⇦私自身うまく対応出来てませんが💦😂💦)


では、その「無理のない範囲」を的確にとらえるにはどのようにしたらよいと思われますか?


もちろん医学的な知識が役に立つ場面も多々あるでしょう。


でも、それよりももっと大事なことがあります。

それは、「自分の内側への集中」です。

内側への集中がなければ、医学的知識も全く使えません。今動かしているところ、今刺激がきているところ、そこへの意識の集中が深ければ深いほど、刺激をとらえ、対処することが上手にできます。間違っても、例えばスタジオの鏡に映った自分の形を外からとらえることに専念してしまったり(身体に害のないポーズがとれているかどうか、確認のために鏡を使うのはもちろん有効ですがそちらに意識の多くを持っていかれないように気を付けましょう)、ましてや自分以外の誰かのポーズを見てそれによって心も体も引っ張られてしまう、なんてことのないようにお願いします!


最も大切なことはなにかに頼り、すがるのではなく、
自分が自分を支えていけることです。

つまり、セルフサポート、ということ。

そのためには、その動きのときに、どこがどのように感覚しているか、それをしっかりとらえること。

たとえば、より深く身体が曲がることに専念するのではなく、

曲げようとする動きの中で、身体のある部分が、ある感覚を持ちます。その微細な変化、微細な感覚に集中すること。

そのことによってその部分が本当の意味で自分の一部となる。

自分の身体感覚やその時に感じた思い(こころ)と近づき、知り、愛していくこと。ヨーガにはそんな楽しみがあります。

華麗なポーズの完成や、きれいなプロポーションは結果としてあとから必ずついてきます。

ヨーガならではの楽しみ、自分を愛して支えていく感覚。これを、ぜひ味わっていただきたいと思っています。


11月のいこいYogaは4回!毎回行っている太陽礼拝を、今月だけ月礼拝に変える予定です。

ひざ等に負荷がかかるシークエンスです。

どのポーズだとどこにどういう負荷がくるのか。

また、その感覚は、昨年と比べてどうなのか。

負担をかけないためには、変わりとなる形を選びますが、それは自分にとってはどんな形なのか。見つからなければぜひ、講師にご相談ください。ご一緒に考案していきましょう。

一年がめぐって同じポーズに再会することで、自分の今の身体に気づいていけます。

ヨーガをセルフサポートのよき道具として愛用&活用してください。


いつもの和室でお待ちしています。

ヨーガインストラクター 河井美代







101.png102.png104.png106.png107.png175.png





[PR]
# by burdsall | 2017-10-31 10:52 | いこいYoga | Comments(0)

💮合格してました💮

a0235158_16424850.jpeg

前回の記事で少し書きました、ここのところどっぷり準備していた、日本マタニティ・ヨーガ協会の認定試験…

まさかの


💮合格💮でした🌟

((((;゚Д゚)))))))えええ〜〜っ❣️❣️

晴れて日本マタニティ・ヨーガ協会 認定マタニティ・ヨーガインストラクターとなることが出来ました🌟



通常の「マタニティ・ヨーガインストラクター」は、4日間の講座を受講し修了と同時に頂ける資格です。

その資格と、協会に入会をして、「日本マタニティ・ヨーガ協会会員」のインストラクターとして、私はこれまでマタニティや産後のレッスンを不定期開催していたのです。
一般的にはそれだけで十分だと思います。協会の講座は産婦人科医とベテランの助産師による監修で、常にアップデートされた医療の情報に基づいたもの。しかもヨーガ哲学もかなり深いところまで講義してくださいました。

でも、この協会は主に助産師さん達が対象のもの。そのため研修会に行くたびに、医療者ではない自分が妊婦さんや経産婦さんにより安心してヨーガを楽しんでいただくためには勉強を続けて行くしかないな…と襟を正す思いを繰り返し味わっています。



一方、今回合格した協会認定試験は、

インストラクターの資格取得後、2ヶ月に一度の研修会を10回以上出て初めて受験資格が得られる試験です。合格率も結構厳しいものがあると聞いたこともあり、割と気が小さいところがあるので、締め切りギリギリまで受験を迷っていました。

実際の試験は、筆記も実技も受験自体が学びになるような内容で、例え落ちても経験させてもらえたことに感謝いっぱいだ❣️と思っていました。
今回不合格だったら、ぜひいつか再度チャレンジしたい、でも(練習を頑張りすぎて夢にまでDVDの先生が出て来たので)もう嫌だ、とこの数日気持ちがグラグラしていました…。

実は…👼


マタニティクラス自体しばらくお休みしていた間に、第一子のご妊娠中も、そして年子となる第二子ご妊娠中もマタニティクラスに参加してくれたママから、第二子出産のお知らせを今回の受験の直前にいただき、とても感激しました。自信失いかけてた時に佳いお知らせをいただいて、強く励まされるという事があったのでした🌟

マタニティに限ったことではありませんが、いつでも支えてくださるのは参加者さんであり、私に出来るのは少しでも皆さまの心身の健康度を高めるレッスンを実施していくことしかないのだと思います。

認定インストラクターの名前に恥じないように、これからもコツコツ勉強しつつ、経験を重ねていきたいと思います。


以上、ご報告でした〜〜🌟



ヨーガ・インストラクター 河井美代


174.png174.png174.png174.png174.png










[PR]
# by burdsall | 2017-10-24 16:10 | マタニティ・ヨーガ | Comments(0)